人体の化学工場と呼ばれている肝臓の話

高校時代に生物を勉強しなかったので、今になって興味を持ち始めています。人体から学習をし直そうと考えています。まずは膵臓なのですが、消化液の分泌だけではなくて、ホルモンの分泌という役割も持っています。消化液は、糖分を分解するアミラーゼ、タンパク質を分解するトリプシン、脂肪を分解するリパーゼの3種類があります。
それではホルモンの分泌についてですが、これはランゲルハンス島が重要な役割を持っています。ランゲルハンス島と聞くと、どうしても大西洋か太平洋に浮かぶ島なのかと勘違いしてしまいますが、人体の膵臓の中に存在します。そしてホルモンを分泌します。ホルモンには3種類があります。まずはアルファ細胞から出るグルカゴンです。これは血糖値を上げる働きがあります。そして次にベータ細胞から出るインシュリンです。これは血糖値を下げる働きがあります。そして最後にデルタ細胞から出るソマトスタチンです。これは成長ホルモンが出過ぎないように調整する働きがあるようです。
ここまで膵臓について調べて見たのですが、これからは膵臓に感謝しながら生きていきたいですね。xn--t8j4aa4nuk4gua6948f74xa.biz